マンション投資の利回り


『投資用物件を買うときの物件選びの必須条件』

●利回りだけではなく、物件、会社の見極めも欠かせない。
各種の金融商品がコンマ以下の利回りにとどまっているなかで、マンション投資は新築で五%、中古なら一〇%台の利回りを上げることができます。とはいえ世の中そうそううまい話があるわけはありません。誰がやっても、間違いなくその利回りが上がるのなら、分譲業者や仲介会社は自分たちで物件を所有すればいいわけです。

家模型

そうしないということは、たしかにうまくすれば安定した利回りを得ることができるけれど、必ずしもそううまくいかない場合もあるわけです。いってみれば、投資用マンションを買う人は、そのリスクを負うからこそ、うまくすれば高い利回りを確保できるということになります。
それだけに、マンション投資には一定のリスクがつきものであり、そのリスクを最小限に抑えるための各種のノウハウを持っていないと、分譲業者や仲介会社にいいように扱われることになりかねないのです。

ですから、マンション投資をやってみようと考えるときには、いかにしてリスクを最小限に抑えるのか、その基本を徹底的に検証しておく必要があります。
その利回りを確実に得ることができる物件であるかどうか、物件の善し悪しを見極める目が不可欠ですし、販売している不動産会社が信頼できる会社かどうかをチェックできるだけの視点を確立しておく必要があります。以下、具体的にそのチェックポイントを整理しておきましょう。

『投資用マンション選びの基本をマスターする①立地』

●三Pのなかでも「プレイス」が一番大切。投資用マンションだけではなく、マンション全般にその善し悪しを見極める重要なポイントとして、三Pということがいわれます。「プレイス」「プライス」「プラン」の三Pです。自分たちが住むためのマンション選択の場合には、この三つのバランスを考えて選択するのがふつうです。
価格を優先すれば、立地や企画を二の次、三の次にせざるを得ません。立地だけを重視すれば、価格や企画面で妥協が必要になります。

マンション

しかし、投資用マンションの場合には、価格と企画面では極端な差がないのが現実です。これまでも何度か触れてきたように、ワンルームを中心とする投資用マンションは投資家の予算が優先されるため、最近ではほとんどの物件が二〇〇〇万円台前半になっています。
価格面での差別化は簡単ではありません。企画面でも、ワンルームの場合には専有面積が二〇㎡台ですから、分譲各社ともそれなりに工夫して、他社との差別化を図ろうとしていますが、現実的には限られたスペースのなかでは、極端な差別化は難しいのではないでしょうか。
このため、立地が最優先というのが専門家筋の一致した見解です。立地によって利回り、長期的な資産価値が決定的に左右されます。最近では東京、大阪の都心部でしかも最寄り駅から五分以内が常識になっています。まずは立地を考慮したうえで、各種の利便施設が充実しているかシッカリ確認して投資物件を選択するのが大前提になるわけです。


新宿駅まで15分でアクセスすることができる調布市。交通環境は充実しているので生活しやすさは抜群といえるでしょう。再開発が進んでいることから,商業施設が多くなっているエリアもありますが,昔ながらの商店も今でも残るので幅広いニーズに人気です。そんな調布市へのお引越しは,グランドコンシェルジュ南調布がおすすめ。駅近の物件になるので通勤・通学も不自由する事はありません。ぜひ、グランドコンシェルジュ南調布をお調べ下さい!

渋谷区で引越し先を探している方は一度,表参道エリアのマンション情報について確認しましょう。表参道といえば,オシャレなエリアとして人気となっています?そんなエリアでもあるので,マンションを探す人も表参道にgは多くいると思います。
都心での生活に憧れがある方はぜひ表参道のマンションについて確認しておきましょう!

府中市は,東京都内でもかなり昔からの歴史を持った街で話しによると縄文時代から人々の営みがあった土地だそうです。今では,行政が福祉サービスに積極的だとして人気です。そんな,府中市にミオカステーロ府中宮町というマンションがあるのを知っているでしょうか?行政が優秀なエリアにあるこのミオカステーロ府中宮町で長らく住むというのも良いでしょうね。